第2回ビットコインSVバーチャルハッカソンのファイナリストが発表されました

メタ記述: 3つの素晴らしいプロジェクトが審査員を驚かせ、ソウルでの競争に望みます。

タグ:ビットコインSV、ビットコインSVハッカソン、CoinGeekカンファレンス、CoinGeek、ハッカソン、韓国

8月17日から19日に開催された2回目のビットコインSV(BSV)ハッカソンは、BSVコミュニティ内で多大な活躍を行い、非常に才能のある開発者たちが集まりました。予備審査が行われ、上位3つのプロジェクトがCoinGeekソウルカンファレンスへと進むファイナリストとして選ばれました。

このハッカソンのテーマは、ビットコインの利用です。課題プロジェクトは自由でしたが、勝つためには、一般ユーザーが少量のビットコインを使用して大きな価値を獲得できるようにするための独創的な手段を生み出す必要がありました。

そのゴールを達成し、現在、韓国のソウルに進む予定となっているチームは、BitQ&A、Codugh、およびHiveです。

BitQ&Aは名前の通りQ&Aアプリケーションです。 ユーザーは自由に質問をすることができ、他のユーザーはそれらの質問に対して確実な答えを提供することで報酬を得ることができます。このアプリケーションは、BSVコミュニティ全体の知識水準を高めるためのインセンティブモデルとなるだけでなく、将来のBSV開発者にとって貴重なリソースになる可能性があります。

CodughAPIの収益化を目指すプロジェクトです。 プロジェクト開発チームは、BSVの利点を利用することで、消費者がAPI呼び出しを行うたびに少量のBSVを支払うというシステムの実現を狙っていました。これは、収益化が難しいことで知られているAPIというシステムを収益化し、より多くの開発者が有益なAPIプラットフォームを作成する上でのインセンティブ提供することになります。

最後にHiveですが、これまでネットサーフィングをしていて、あるトピックに際して調べる際に永遠に次から次へと関連トピックを調べなければならない、という経験をしたことがある人であればその利点をすぐに理解できるでしょう。その名が示すように、Hiveは「蜂の巣」構造ように機能し、ユーザーは「知識の蜂の巣」を構築し、まるで粘り気のある蜂蜜で覆われているかのように、関連情報をリンクさせることができます。この結果、膨大な知識ベースが完成し、ユーザーが自由に閲覧できるようになります。

また、次点候補として以下の4つのプロジェクトが評価されました。すべて素晴らしいプロジェクトですが、今回はファイナリストとして残ることはできませんでした。BSV開発者による検証可能なコードの使用を可能にするSourceshare素晴らしいレビューを書いたユーザーに報酬を与えるTrue Reviewsがスクロールする分だけ料金を支払うというモデルでコンテンツの収益化を目指すScrollPay、そして、各種支援を求める上での需要と供給の法則に基づいた経済モデルを提供するAsk The Worldがありました。

これらは全て素晴らしいソリューションであり、大規模なブロックチェーンスケーリングを可能とするビットコインSVをベースに構築されています。ブロックサイズが増加し続けることで、BSVブロックチェーン上におけるトラフィックに関係なく、取引手数料は驚くほど低く抑えることが可能となります。その結果、これまでに紹介したような各種独創的なアプリケーションにおいてマイクロペイメントサービスを提供することが可能となり、さまざまなコンテンツやサービスに現実的に対応する金額での決済が実現します。

なお、10月1〜2日に開催されるCoinGeekソウルカンファレンスに参加することでこれら3組のファイナリストの中から優勝者を決定する一員に加わることができます。これら3つのプロジェクトには35,000ドルが支払われます。前回のハッカソンの状況から判断するに、これらのプロジェクトによるプレゼンテーションは素晴らしいものになると期待して良いでしょう。今すぐ、売り切れる前にチケットをゲットしましょう。

BSVで購入すると、CoinGeekソウルカンファレンスチケットは20%オフになります。また、カンファレンス参加者は、ルメリディアンソウルの特別割引を利用することもできます。 こちらのリンクで、「特殊料金(Special Rate)」タブで「グループコード(Group code)」を選択してプロモコード 「RE1RE1A」を入力することで、ホテルの割引を利用することができます。